先輩の声

STAFF VOICE

製造課 梶原

特殊技術である溶接。努力は要りますが、身に付いてからの楽しさは格別です。

地元の企業でやりがいのある仕事に就きたい、また、溶接という技術に興味があり身につけたいと思い、この会社に入社しました。
現在やっている仕事は7~8mの鉄板を真っ直ぐに溶接したり、複雑な構造をした製品を手で溶接したり様々です。

溶接は特殊技術です。多くの知識も必要とされ身に付けるには大変な努力を積み重ねなければなりません。
ですがそこにやりごたえがあり、技術が身に付いてからの楽しさは何とも言えません。

自分自身、まだ知識も実力も不足していると感じているので、誰からも頼られるよう頑張って行こうと思います。

製造課 梶原
製造課 前田

入社して10年。全くの未経験から、鉄のプロに。

私は主に鉄を溶接して組み立てる仕事をしています。

入社して10年、最初は鉄に関しては何の知識もなかったのですが、鉄の色々な特性を理解することができました。
環境によって変化していくため、同じ鉄でも全然違っており”鉄も生きている!”と感じることがあります。

これらの特性を考えながら図面通りに組み立てていきます。
ミリ単位での製作のため細かい作業も多いので時に失敗することもありますが、製品が期日までに完成したときには大きな達成感が得られます。
また自分の思い通りに組み立てられると面白く感じます。

この仕事は辛いこと、しんどいことばかりではなく、喜びや楽しさ、面白さを経験できまた技術や人間性を高めることが出来る仕事だと思っています。

製造課 前田
機械課 小林

自分の直感を信じて、未知の世界に飛び込んで良かった!

機械オペレーターとして、加工業務に携わっています。
CADで作成された設計図面に沿ってプログラムを設定し、穴を開けたり、削ったりする加工を行います。
加工する製品の種類や大きさは様々で、複雑なものだと100時間かかることもあります。
加工自体は手作業ではありませんが、自分の感覚次第でミスが起こってしまいます。あとどれだけ削れるか―。
0.1㎜のズレさえ許されない緊張感の中で、集中力を研ぎ澄ませ自分の目で確認、手で調節していきます。
そうして無事完成させられたときの達成感は格別です。
同じ作業の繰り返しではないので、どの経験も自分の知識となり、視野が広がっていくことを実感しながら働いています。

機械課 小林田
機械課 赤木

日々新たな発見。増えていく知識に、自分の成長を実感。

就職活動の際に地元で大学で学んだ知識を生かせるところとおもっていたことが入社のきっかけです。

僕の仕事は金属の機械加工です。大型のマシニングセンタを使い手で持てるサイズのものから、自分の何倍もの大きさのものまで様々な加工を行います。

自分の手で加工したものが出来上がったときの達成感はすばらしいものです。
この仕事をしていると、日々新たな発見があり、それにより知識が増えていくことで、自分の成長を実感することができます。

機械課 赤木
先輩の声
採用情報

ページの一番上にもどる